長野県大町市で住宅リフォーム、介護リフォーム、介護用品、介護用具のレンタルは、横澤建築(福祉環境サービス)へご用命ください。

トイレの介護リフォーム

トイレの介護リフォーム

トイレの介護リフォーム工事のポイント

トイレの介護リフォーム工事のポイントとは、高齢化に伴って身体機能が低下しても、できるだけ自立して使用したいのがトイレである。そのため、介護・介助を受ける人が安全に、しかも尊厳をもって使用できるよう、設計等を検討する必要があります。

介護リフォーム工事を行う際の主なポイントとしては以下の項目を参考にされたい。

  1. トイレの配置は介護・介助を受ける高齢者等の寝室と同じ階に配置すること(できれば寝室に隣接した位置に配置するのがベスト)。
  2. トイレの広さは介助・車イスの有無によって異なりますが、介助が必要な場合、介助スペースとして便器側方・前方に50cm以上のスペースが必要です。車イスの場合、便器へのアプローチ方向によって寸法を考慮する必要があります。側方アプローチの場合、1650mm×1650mm。前方アプローチの場合、奥行きが1800mm確保することが望ましい。
  3. 段差は出入り口やトイレ内の段差はすべて解消することが望ましい。
  4. 出入り口は歩行補助具や介助用車イスがスムーズに通行できるよう、は800mm以上確保することが望ましい。またドアは、引き戸や折り畳み戸など、開閉しやすく安全性の高いものが望ましい。
  5. 便器は腰掛け式の便器を設置すること。
  6. 暖房はヒートショックを防ぐために、床下暖房やエアコン等を設置することが望ましい。

お気軽にお問い合わせください TEL 0261-22-8035 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 横澤建築 福祉環境サービス All Rights Reserved.