今回はペレットストーブのメリットとデメリットです。

 

 

 

 

 

メリット
・薪ストーブの燃料の薪を購入、運搬、保管には苦労しますが、
ペレットストーブの燃料は購入、運搬、保管が容易です。
(購入はペレットストーブの販売店、森林組合等で出来ます。)
(運搬は1袋10㎏入りで必要な分だけの購入が出来ます。
配達をしている販売店もあります。)
(保管は10㎏の米袋と同じサイズなので、物置、収納庫等に
保管ができます。)
(薪は割って乾燥をしないと、燃料としては使用出来ません。
乾燥して、保管する広い場所が必要です。)

・薪ストーブの燃料の薪は天然木なので、品質にばらつきが出やすいが、ペレットストーブの燃料のペレットは天然木をチップに加工したものを使用するので、ばらつきがない。
・薪ストーブの煙突は屋根上まで上げる必要がありますが、
ペレットストーブの煙突は給排気用の短い煙突で良い。

・薪ストーブの焚き付けから部屋が暖まるまで、時間も手間も
かかるが、ペレットストーブはスイッチ1つで着火、タイマー設定
で早朝の自動着火が可能。

・薪ストーブは燃えた灰が沢山残るので、後始末に苦労をしますが、ペレットストーブは加工したチップを燃やすので、1日燃やしても一握りの灰が残るので、掃除が楽です。専用の掃除機もあります。


 

 

 

 

デメリット
・薪ストーブに比べて、知名度が低く、5年前ぐらいから認知
されるようになった。
・薪ストーブはアナログですが、ペレットストーブはデジタルなので、停電時は作動しません。故障をする可能性もあります。

メリット、デメリットがあるペレットストーブですが、
環境に配慮した自然の暖かさを実感してみませんか!